作成:12.20.1996
改訂:10.12.1998


文字を円形にねじまげます(かなり強引なので、文字に歪みが生じます)。
  • 材料 特になし
  • 道具 Adobe Photoshop2.5J以上(今回は4.0Jを使用しています)


  1. 新規ファイルの作成
    今回はPhotoshopで300×300ピクセル、72dpiで新規ファイルを作成しました。
    背景に適当な色を使用したい場合や、写真を使用したい場合はそれを用意しておいてください。

  2. 新規チャンネル作成
    直接、RGBの背景画像に適用してもよいのですが、今回は失敗したときのために、新規チャンネルを作成し、その後RGBチャンネルに適用する方法をとります。
    チャンネルパレットのメニュー(右上端の三角マーク)から新規チャンネルを選んで、新しいチャンネル「#4」を作成します。

  3. 文字の入力
    描画色を白にして、文字ツールで文字を入力します。ここではHelvetica BLACKの14ポイントを使用しています
    このとき、画面の下部に文字を配置すると回転の輪が大きくなり、上部に配置すると小さくなります。今回はほぼ中央に置きました。 。なお、Photoshop5.0でも、単一のチャンネルで文字ツールを使用した場合は、文字レイヤーになりません。

  4. 極座標フィルタの適用
    先の文字入力の選択範囲を解除した後、[フィルタ]メニューから[変形]の[極座標...]を選んで、[直行座標を極座標に]オプションをチェックして適用します。

  5. アンシャープで画像をひきしめる
    [フィルタ]メニューから[シャープ]の[アンシャープマスク...](通常のシャープよりも柔らかく効果を出せる)を選んで、半径50%、1ピクセルで適用し、画像をすこし引き締めます。

  6. RGBチャンネルに適用
    RGBチャンネルに戻ります。
    [選択範囲]メニューから[選択範囲の読み込み]で「#4」チャンネルを指定し、描画色に好きな色を選んでから、[編集]メニューの[塗りつぶし...]で着色します。

できあがり

この手順にはアクションファイルを添付しておりません。




www.fmod.jp