クローム金属

作成:03.10.1997
改訂:01.01.1999



「彫刻」に続いて、チャンネルでかなり複雑な工程を踏みます。
  • 材料 特になし
  • 道具 Adobe Photoshop


  1. 新規ファイルの作成
    今回はPhotoshopで100×100ピクセル、72dpiのファイルを新規作成しました。

  2. 文字の入力
    文字マスクツールで文字を入力します。ここではHelvetica Blackの120ポイントを使用しています。
    この効果は小さなフォントだとエッジがうまく出ないので、小さな文字が欲しいときでも大きく作って、完成後に縮小するようにしてください。

  3. 選択範囲の保存
    [選択範囲]メニューから[選択範囲の保存]を選んで、#4チャンネルに文字を記録します。
    *Photoshop5.0以上では、「アルファチャンネル1」となり、以降同様に「アルファチャンネルn(nは数字)」という名称で追加されていきます。

  4. チャンネルのコピー3回
    「#4」チャンネルをアクティブにします。
    チャンネル・パレットのメニュー(右上の三角マーク)から「チャンネルの複製」を選択して「#4」チャンネルを複製し、「#5」チャンネルを作成します。

    更に同じ操作を行い、「#6」、「#7」チャンネルも作成します。

  5. エッジの拡張
    今度は「#5」チャンネルをアクティブにします。
    [選択範囲]メニュー[選択範囲の読み込み]で「#5」(つまり自身)を選びます。


    描画色を白にして、[編集]メニューの[境界線を描く]で「4ピクセル、中央」を選択します。これが最終的に文字のエッジになります。
    [選択範囲]メニューの[選択範囲の解除]で選択範囲は解除しておいてください。



  6. エッジの作成(1)
    次に「#6」チャンネルをアクティブにします。
    [フィルタ]メニューの[その他]から[スクロール]を選択します。今回は右、左それぞれ1ピクセルを適用しました。

  7. エッジの作成(2)
    「#7」チャンネルをアクティブにします。
    [フィルタ]メニューの[その他]から[スクロール]を選択します。右、左それぞれ-1ピクセル(さっきとは逆方向)を適用します。

  8. 2つのエッジチャンネルにぼかしを加える
    「#6」、「#7」チャンネルそれぞれに、[フィルタ]メニューの[ぼかし]から[ガウス]を半径2ピクセルで適用します。


    これによって、「#6」が下側、「#7」が上側のエッジになります。
    こちらは「#6」チャンネルです。

    「#7」チャンネルです。

  9. エッジを取り出す
    エッジを取り出すため、[イメージ]メニューの[演算]を選択します。
    ダイアログボックスで、元画像の一方に「#6」、もう一方に「#7」チャンネルを選択し、方法に「差の絶対値」、結果が新規チャンネルになるようにしてOKボタンをクリックします。

  10. エッジを反転
    「#8」チャンネルができて、これがアクティブになります。


  11. まず[イメージ]メニューの[色調補正]で[階調の反転]を適用します。

  12. レベルを補正
    更に[イメージ]メニューの[色調補正]で[自動レベル調整]を選択します。「#8」チャンネルは左の図のようになっているはずです。

  13. 雲模様フィルタ適用
    描画色を黒にして、「#8」チャンネルに[フィルタ]メニューの[描画]から[雲模様2]を適用します。

  14. トーンカーブ調節
    [イメージ]メニューの[色調補正]から[トーンカーブ]を選択します。これは写真で言うところのネガとポジのバランスを示すもので、右下がりの線にするとネガができます。
    今回はこのカーブを複数にすることで一部をネガ、一部をポジにします。これによって反射面が強調されます。プレビューを確認しながら適当にカーブを作りますが、2つから3つのコブが必要だと思います。

  15. チャンネルからコピー
    「#8」チャンネルを表示したままの状態で、[選択範囲]メニューから[選択範囲の読み込み]を選び、「#5」を読み込みます。
    [編集]メニューから[コピー]を選びます。

  16. やっとRGBへ
    選択範囲は解除せず、RGBチャンネルに戻り、[編集]メニューから[ペースト]を選びます。

  17. エッジの選択範囲を取り出し
    仕上げの操作として、[選択範囲]メニューから[選択範囲の読み込み]を選び、まず「#5」を読み込みます。


    次に「現在の選択範囲から削除」オプションを指定して「#4」を読み込みます。

  18. エッジの仕上げ
    [イメージ]メニューの[色調補正]から[階調の反転]を選択してエッジを描きます。

できあがり


この手順にはアクションファイルを添付しておりません。




www.fmod.jp