文字を丸める

作成:06.20.1998
改訂:--.--.--



エッジの少しまるくなった文字を作ります。
  • 材料 特になし
  • 道具 Adobe Photoshop4.0J


  1. 新規ファイルの作成
    今回はPhotoshopで200×100ピクセル、72dpiのファイルを新規作成しました。

  2. 文字の入力
    文字マスクツールで文字を入力します。ここではHelvetica Blackの32ポイントを使用しています。

  3. 選択範囲を記録
    [選択範囲]メニューの[選択範囲の記録...]で選択範囲を「#4」チャンネルに記録します。
    *Photoshop5.0以上では、「アルファチャンネル1」という名前になり、以降同様に「アルファチャンネルn(nは数字)」という名前で追加されていきます。

  4. チャンネルに移動
    チャンネルパレットの「#4」をクリックしてアクティブにします。


    [選択範囲]メニューから[選択範囲の解除]を選択し、選択範囲は解除しておきます。

  5. ガウスぼかし

    [フィルタ]メニューの[ぼかし]から[ぼかし(ガウス)]を選びます。
    今回は画像の半径2ピクセルで適用しました。

  6. 文字を選択
    ツールパレットで、自動選択ツール()を選択してから、「#4」チャンネル上の任意の文字の上をクリックします。

  7. 選択範囲を広げる

    [選択範囲]メニューの「近似色の選択」を選んで、すべての文字が選ばれた状態にします。

  8. RGB作成に文字を描画
    選択範囲はそのままで、RGBチャンネルに戻ります。

    描画色に好きな色を選んでから、[編集]メニューの[塗りつぶし]を描画色・不透明度100パーセントで選択します。

できあがり


この手順にはアクションファイルを添付しておりません。ご了承ください。




www.fmod.jp