こすりつけた文字(Photoshop5.0)

作成:3/6/1999
改訂:--/--/--


文字に手でこすりつけたような劣化を与えてみます。

  • 材料 特になし
  • 道具 Adobe Photoshop(今回は5.0Jを使用しています)


  1. 新規ファイルの作成
    今回はPhotoshopで200×100ピクセル、72dpiのファイルを新規作成しました。


  2. 文字マスクツールで文字を入力
    文字マスクツールで文字を入力します。ここではHelveticaBlackの48ポイントを使用しています。


  3. 選択範囲を保存
    [選択範囲]メニューの[選択範囲を保存...]を実行して、文字の範囲をアルファチャンネル1に記録します。



  4. チャンネルを複製
    「アルファチャンネル1」をアクティブにします。
    [選択範囲]メニューの[選択を解除]選んで、選択範囲は外しておきます。

    チャンネルパレットのメニュー(パレット右上の三角マークをクリック)して、「チャンネルを複製...」を選択します。
    あとでわかりやすくするため、今回は「rub1」という名前をつけました。

  5. もう一度チャンネルを複製
    先のステップと同じ方法でチャンネルを複製し、「rub2」チャンネルを作成します。
    この時点で、チャンネルパレットは図のようになっていると思います。

  6. 「rub1」チャンネルに風フィルタ適用
    「rub1」チャンネルをアクティブにして、[フィルタ]メニューの[表現手法]から[風...]を選択します。種類「標準」、方向「右から」で適用します。



  7. 「rub2」チャンネルに逆方向から風フィルタ適用
    今度は「rub2」チャンネルをアクティブにして、[フィルタ]メニューの[表現手法]から[風...]を選択します。種類「標準」、方向「左から」で適用します。



  8. チャンネルを演算
    [イメージ]メニューの[演算...]を選択します。
    第1元画像にチャンネル「rub1」、第2元画像にチャンネル「rub2」、描画モードに「比較(明)」を指定して実行します。


    新規に「アルファチャンネル2」が作成され、これがアクティブになります。

  9. 「アルファチャンネル2」に拡散フィルタ適用
    [フィルタ]メニューの「表現手法」から「拡散...」を選択して適用します。



  10. RGBで選択
    RGBチャンネルに戻ります。
    [選択範囲]メニューの[選択範囲を読み込む...]で「アルファチャンネル2」を選択します。


  11. 塗りつぶし
    描画色に好きな色を選んでから、[編集]メニューの[塗りつぶし...]を描画色100パーセントで適用します。


できあがり

おまけ

Photoshop5.0J用アクション


使用上の注意
アクションファイルの使用法はこちらをごらんください。 上記の効果を適用します。新規ファイルの作成、文字マスクツールによる文字入力までを手動で行った後、ご利用ください。

重要
本ページのアクションファイルを利用して生じたトラブルについては、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。




www.fmod.jp