光彩つきプラスティック(Photoshop5.0)

作成:4/14/1999
改訂:--/--/--


透明のプラスティックが発光しているような感じにしてみます。

  • 材料 特になし
  • 道具 Adobe Photoshop5.0J


  1. 新規ファイルの作成
    今回はPhotoshopで200×100ピクセル、72dpiのファイルを新規作成しました。


  2. 描画色をグレーに設定
    描画色を中間(もしくはそれに近い)グレーに設定します。

  3. 文字ツールで文字を入力
    文字ツールで文字を入力します。ここではHelveticaBlackの56ポイントを使用しています。

  4. 「ベベルとエンボス」レイヤー効果を適用
    [レイヤー]メニューの[効果]から[ベベルとエンボス]を選択します。
    「スタイル」を「ベベル(内側)」にして適用します。
    今回、それ以外の部分は規定値のままにしておきました。

    文字は少し盛り上がった感じになります。

  5. レイヤーを結合
    ここまでの操作で、「背景」レイヤーの上に文字レイヤー(Tマーク)ができ、これに効果がかかって(Fマーク)いるはずです。

    レイヤーパレットのメニュー(パレット右上の三角マークをクリック)して、「下のレイヤーと結合」を選択します。
    この操作によって「背景」レイヤーに文字が入り、文字レイヤーとしての属性とレイヤー効果は失われます。

  6. 輪郭検出フィルタの適用
    [フィルタ]メニューの[表現手法]から[輪郭検出]を選択します。
    図のようにエッジが強調されます。

  7. ネオン光彩フィルタ適用
    続けて、[フィルタ]メニューの[アーティスティック]から[ネオン光彩...]を選択します。今回は規定値設定のまま適用しました。

    背景もグレーになってしまいますが、そのままにしておきます。

  8. もう一回、輪郭検出フィルタを適用
    もう一度、[フィルタ]メニューの[表現手法]から[輪郭検出]を適用します。


できあがり

おまけ

Photoshop5.0J用アクション


使用上の注意
アクションファイルの使用法はこちらをごらんください。 上記の効果を適用します。新規ファイルの作成、文字ツールによる文字入力までを手動で行った後、ご利用ください。

重要
本ページのアクションファイルを利用して生じたトラブルについては、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。




www.fmod.jp