ブルー発光メタル(Photoshop5.0)

作成:5/22/1999
改訂:--/--/--


発光するメタル文字です。前回(ゴールド文字)と比較的似た手法で作ります。
なお、今回はブルーで作成しましたが、応用すればお好きな色で作れると思います。

  • 材料 特になし
  • 道具 Adobe Photoshop5.0J


  1. 新規ファイルの作成
    今回はPhotoshopで300×100ピクセル、72dpiのファイルを新規作成しました。

  2. 文字マスクツールで文字を入力
    文字マスクツールで文字を入力します。この効果は細くてちょっと大きめのフォントが向いています。ここではCentury Gothicの96ポイントを使用しています。


  3. 新規レイヤーを作成
    レイヤーパレットのメニュー(パレット右上の三角マーク)からの[新規レイヤー...]を選択します。
    そのまま[OK]で新しいレイヤー(レイヤー1)を作ります。
    選択範囲は解除しないでください。

  4. 50パーセントグレーで塗りつぶす
    [編集]メニューの[塗りつぶし...]を選択し、使用色に「50パーセントグレー」を選択して適用します。
    塗りつぶしができたら、[選択範囲]メニューの[選択を解除]で選択範囲を外します。

  5. レイヤー効果を適用
    [レイヤー]メニューの[効果]から、[ベベルとエンボス]を選択します。
    スタイルに「ベベル(内側)」、「上へ」をオンにして適用します。

  6. レイヤーを複製
    レイヤーパレットのメニュー(パレット右上の三角マーク)からの[レイヤーを複製...]を選択します。
    そのまま[OK]で新しく「レイヤー1のコピー」を作ります。

    効果も一緒にコピーされています。

  7. 「レイヤー1のコピー」のレイヤー効果変更
    「レイヤー1のコピー」レイヤーがアクティブになっていることを確認し、レイヤーパレットの「f」マークをダブルクリックします。
    「ベベルとエンボス」のダイアログが表示されるので、オプションの「下へ」を選んで[OK]をクリックします。

  8. レイヤーの描画モードを「差の絶対値」に
    レイヤーパレットで、「レイヤー1のコピー」の描画モードを「差の絶対値」にします。

  9. 「背景」レイヤーをオフにする
    「背景」レイヤーの目玉マークをクリックして表示をオフにします。

    ここまでの操作で文字はこんな感じになると思います。

  10. 表示部分を結合
    レイヤーパレットのメニュー(右上の三角マークをクリック)から、「表示部分を結合」を選択します。

  11. 自動レベル調整
    [イメージ]メニューの[色調補正]から[自動レベル調整]を選択します。
    エッジ部分で少しだけ画像の濃淡がはっきりします。

  12. 階調を反転
    [イメージ]メニューの[色調補正]から[階調の反転]を選択します。

  13. ハイパスフィルタ適用
    [フィルタ]メニューの[その他]から「ハイパス...」を選択します。
    本来は一種の色調補正に使用するフィルタですが、今回はこれで文字内に拡散するムラのような感じを与えます。
    ここでは15ピクセルを指定しましたが、文字が太い場合などは2〜15程度(小さいとグレーの範囲は広がります)の間で調整します。

  14. 色調の変更
    [イメージ]メニューの[色調補正]から[色相・彩度..]を選択します。
    右下の「色彩の統一」にチェックを入れてから、色相に240、彩度に90を指定します。この数値をお好みのものに変更することで、様々な色を選択できます。



  15. 「外側光彩」のレイヤー効果を適用
    輝きを加えるため、[レイヤー]メニューの[効果]で「光彩(外側)」を選択し、カラーとぼかし(ここでは20)、適用度(ここでは100パーセント)を指定します。



  16. 背景を黒くする
    レイヤーパレットで背景の目玉マークを表示(赤丸印の部分をクリック)してから、[編集]メニューの[塗りつぶし...]を選択して黒色で塗りつぶし、背景をまっくろけにします。


できあがり

おまけ


Photoshop5.0J用アクション


使用上の注意
アクションファイルの使用法はこちらをごらんください。 上記の効果を適用します。新規ファイルの作成、文字マスクツールによる文字入力までを手動で行った後、ご利用ください。

重要
本ページのアクションファイルを利用して生じたトラブルについては、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。




www.fmod.jp