反射つきメタル(Photoshop5.0)

作成:10/2/1999
改訂:--/--/--


文字面が強く反射している感じの金属文字です。

  • 材料 特になし
  • 道具 Adobe Photoshop5.0J


  1. 新規ファイルの作成
    今回はPhotoshopで200×200ピクセル、72dpiのファイルを新規作成しました。

  2. 新規レイヤーを作成
    レイヤーパレットのメニュー(パレット右上の三角マーク)から[新規レイヤー...]を選んで新しいレイヤー(レイヤー1)を作成します。

  3. 文字マスクツールで文字を入力
    文字マスクツールで文字を入力します。ここではHelveticaBlackの180ポイントを使用しています。
    あまり小さくて細い文字だと、後でフィルタをうまく適用できないことがありますので、ご注意ください。

  4. 50パーセントグレーで塗りつぶす
    選択範囲はそのままにしておいて、[編集]メニューの[塗りつぶし...]を50パーセントグレーで実行します。



  5. 選択範囲を変更する
    [選択範囲]メニューの[選択範囲を変更]から、[縮小...]を選んで、境界線を2ピクセル縮小します。

  6. 選択範囲をぼかす
    [選択範囲]メニューの[境界をぼかす...]を選んで、境界線を2ピクセルぼかします。

  7. プラスターフィルタ適用
    選択範囲はそのままで、[フィルタ]メニューの[スケッチ]から[プラスター...]を選択します。
    今回は、画像のバランスに「20」、滑らかさに「5」光線の位置に「上へ」を選択しています。



  8. 選択範囲を外す
    [選択範囲]メニューから、[選択を解除]を実行して、選択範囲を外します。

  9. ラップフィルタ適用
    [フィルタ]メニューの[アーティステック]から[ラップ...]を選択して適用します。
    ここでは、ハイライトの強さに「15」、正確さに「9」、なめらかさに「7」の設定で適用しました。


  10. 自動レベル調整
    [イメージ]メニューの[色調補正]から[自動レベル調整]を選択します。コントラストが強くなると思います。

  11. トーンカーブを操作
    [イメージ]メニューの[色調補正]から、[トーンカーブ...]を選択します。
    マウスでグラフをドラッグしてトーンを調整します。今回は図のようにしました。
    より金属的な感じにしたい場合は、山と谷を2〜3個つくってみてください。



  12. 着色
    [イメージ]メニューの[色調補正]で[色相・彩度...]を選択します。
    「色彩の統一」にチェックをしてから、色相に「10」、彩度に「50」、明度に「0」を指定します。この色相、彩度の数値はお好みで変更していただいてもかまいません。

  13. レイヤー効果を適用
    レイヤー効果を適用します。
    今回は、[レイヤー]メニューの[効果]から「ドロップシャドウ...」を距離「10」、ぼかし「10」のオプションで適用し、さらに「ベベルとエンボス」のスタイル「ベベル(内側)」を距離「10」、ぼかし「10」で指定しました。



できあがり

おまけ


Photoshop5.0J用アクション


使用上の注意
アクションファイルの使用法はこちらをごらんください。 上記の効果を適用します。新規ファイルの作成、文字マスクツールによる文字入力を手動で行った後、ご利用ください(ステップ2の新規レイヤーの作成はアクションに含まれています)。

重要
本ページのアクションファイルを利用して生じたトラブルについては、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。




www.fmod.jp