ゴールドビーズ(Photoshop6.0)

作成:12.07.2002
改訂:05.04.2006


金のビーズ調文字です。
  • 材料 特になし
  • 道具 Adobe Photoshop6.0J


  1. 新規ファイルの作成
    今回はPhotoshopで300×150ピクセル、72dpiのファイルを新規作成しました。

  2. 文字マスクツールで文字を入力
    文字マスクツールで文字を入力します。ここではImpactの120ポイントを使用しています。
    小さい文字や細い文字ですと、あまりうまくいきませんのでご注意ください。

  3. 新規レイヤーを作成
    レイヤーパレットのメニュー(パレット右上の三角マーク)から「新規レイヤー...」を選択して新しく「レイヤー1」を追加します。
    さらに同じ要領で、新規レイヤー(「レイヤー2」)をもうひとつ追加します。

  4. パスパレットを表示
    パスパレットを表示します。


  5. 作業用パスを作成
    パスパレットのメニュー(パレット右上の三角マーク)から[作業用パスを作成...]を選択し、
    許容値に「0.5」を指定して実行します。


    作業用パスができます。

    画像には、うすいグレーの線が表示されます。

  6. ブラシツールを選択
    ツールパレットで、ブラシツールを選択します。

  7. ブラシツールのオプションを設定
    ツールオプションバーのブラシ(図のいちばん上の赤丸印)をクリックして、ブラシオプションを表示します。

    直径に「7」、ペイントの間隔に「150」を指定します。
    この直径とペイントの間隔で、最終的なビーズの大きさと間隔がきまります。文字の大きさに合わせて、任意のものでもかまいません。

    (注)Photoshop7.0以上では、ブラシパレットの、「ブラシ先端のシェイプ」オプションで直径と間隔を指定します。

  8. パスの境界線を描く
    パスパレットのメニュー(パレット右上の三角マーク)から、[パスの境界線を描く...]を選択し、ツールに「ブラシツール」を指定して実行します。

    パス部分に黒い点々があらわれます。

  9. 作業用パスを削除
    パスパレットのメニュー(パレット右上の三角マーク)から、[パスを削除]を選択し、作業用パスを捨てます。

  10. レイヤーパレットに移動
    レイヤーパレットに移動します。
    「レイヤー1」がアクティブになっているのを確認しておきます。


  11. べベルとエンボス(テクスチャ) レイヤースタイル適用
    [レイヤー]メニューの[レイヤースタイル]から[べベルとエンボス...]を選択します。
    深さに「500」、サイズに「3」、光沢輪郭に「円錐−反転」、ハイライトのモードとシャドウモードそれぞれに「60」を指定します。

  12. カラーオーバーレイ レイヤースタイルの適用
    続けて、左側のリストから[カラーオーバーレイ]を選択します。
    カラー(色見本の部分をクリックして選択できます)でオレンジ(ここでは16進で#FFCC00)を指定します。

    ここまでの操作で、画像は図のようになっていると思います。

  13. 背景レイヤーへ移動
    レイヤーパレットで、背景レイヤーを選択します。

  14. 背景を黒色でぬりつぶす
    [編集]メニューの[塗りつぶし...]を選択して、使用に「黒」を指定して実行します。


できあがり

おまけ

Photoshop6.0用アクション


使用上の注意
アクションファイルの使用法はこちらをごらんください。 上記の効果を適用します。新規ファイルの作成、文字マスクツールによる文字入力までを手動で行った後、ご利用ください。

重要
本ページのアクションファイルを利用して生じたトラブルについては、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。




www.fmod.jp