極細スリット2001(Photoshop5.0)

作成:5/19/2001
改訂:--/--/--


最近リクエストが多いので、昔やったスリット効果とは少しだけ違う、2001年バージョン(?)ということでやってみました。背景に写真などを使うといかにも今風になると思います。

  • 材料 特になし
  • 道具 Adobe Photoshop5.0J以上


  1. 新規ファイルの作成
    今回はPhotoshopで200×200ピクセル、72dpiのファイルを新規作成しました。

  2. 文字マスクツールで文字を入力
    文字マスクツールで文字を入力します。ここではImpactの200ポイントを使用しています。

  3. 選択範囲を保存
    [選択範囲]メニューの[選択範囲を保存...]を選択し、[OK]ボタンをクリックします。
    これで文字はアルファチャンネル1に保存されます。

  4. 一行選択ツールを使う
    ツールパレットから、「一行選択ツール」を選択します。このツールは画像のクリックされた部分を高さ1ピクセル、幅いっぱいで選択できます。


    画像の適当な部分をクリックします(どこでもかまいません)。

  5. 選択範囲を保存
    [選択範囲]メニューの[選択範囲を保存...]を選択し、[OK]ボタンをクリックします。
    これで選択部分はアルファチャンネル2に保存されます。
    選択範囲は外さないでください。

  6. アルファチャンネル2に移動
    チャンネルパレットで「アルファチャンネル2」をクリックしてアクティブにします。


  7. 選択範囲を拡張
    [選択範囲]メニューの[選択範囲を変更]から[拡張...]を選択します。
    拡張量に「1」を指定して」実行します。



  8. パターンを定義
    [編集]メニューから、[パターンを定義...]を選択します。Photoshop5.xでは、画面上には変化がありません(Photoshop6.0の場合は名前をつけるダイアログボックスが表示されますので、適当な名前をつけてください)。

  9. 選択範囲を解除
    [選択範囲]メニューから、[選択範囲を解除...]を選択して、選択範囲を外します。

  10. パターンで塗りつぶす
    [編集]メニューの[塗りつぶし...]を選択します。使用に「パターン」を選びます。

    こんな感じで極細のスリットができます。


  11. RGBチャンネルに戻る
    チャンネルパレットで「RGB」をクリックしてRGBチャンネルに戻ります。


  12. 背景を塗りつぶし
    描画色に背景にしたい好きな色を選択してから、[編集]メニューから、[塗りつぶし..]を選択して、描画色で塗りつぶします。
    ここでは赤色を使いました。



  13. アルファチャンネル1を読み込む
    [選択範囲]メニューから、[選択範囲を読み込む..]を選択して、「アルファチャンネル1」を読み込みます。

    文字の形が現れます。

  14. 文字を塗りつぶし
    描画色に文字色にしたい好きな色を選択してから、[編集]メニューから、[塗りつぶし..]を選択して、描画色で塗りつぶします。
    ここではオレンジ色を使いました。



  15. アルファチャンネル2を読み込む
    [選択範囲]メニューから、[選択範囲を読み込む..]を選択して、「アルファチャンネル2」を読み込みます。



  16. 明るさとコントラストを調整
    [イメージ]メニューの[色調補正]から、[明るさ・コントラスト...]を選択します。
    明るさに-40、コントラストに-40程度の価を指定します。

  17. 選択範囲を解除
    [選択範囲]メニューから、[選択範囲を解除...]を選択して、選択範囲を外します。

できあがり

おまけ

Photoshop5.0以上用アクション


使用上の注意
アクションファイルの使用法はこちらをごらんください。 上記の効果を適用します。新規ファイルの作成、文字マスクツールによる文字入力を手動で行った後、ご利用ください。
また、このアクションは、選択ツール使用の関係上、かならず200×200ピクセル以上の画像で実行してください。

重要
本ページのアクションファイルを利用して生じたトラブルについては、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。




www.fmod.jp